イワシ鯨 ナガス鯨科:大型ヒゲ鯨類 商品原産地:太地産/近海産/北西太平洋産

最高級/脂須の子(あぶらすのこ) イワシ鯨かミンク鯨:ブロック販売
商品番号 A1111・A1112・A1113・A1114 @ネット販売価格
内容量:90g
販売価格:1、620円(税別)


内容量:100g
販売価格:1、800円(税別)


内容量:110g
販売価格:1、980円(税別)


内容量:200g(2ブロックで200gです)
販売価格:3、450円(税別)


脂スノコは尾の身と鹿の子の丁度中間の味です。鹿の子特有の上品な味と、
尾の身の旨みをバランスよく持ち合わせております。格別の美味しさをご堪能下さい。


お刺身はもちろんですが、ハリハリ鍋やスキヤキにも是非お勧めです。
お刺身でお召上がりの場合は殆ど凍った状態で(表面がとけ過ぎると切り難いです)
2ミリ位に切り、ワサビ醤油、生姜醤油、ニンニク醤油等で召上がって下さい。
店長のお勧めはワサビ醤油です。ワサビ醤油が一番旨味と甘味が増します。

脂須の子はイワシ鯨の胸ビレ部分で、付け根辺りの極僅かな部位です。
この最高級脂須の子は脂須の子の中でもほんの一部だけ厳選された大変貴重な逸品です。

【鯨肉パワーの源「バレニン」とは?】
クジラは半年間、エサを食べ続けますが、肥満状態にならない、また残りの半年間はエサを
食べずに子育てしながら数千キロ泳ぎ続けるが疲れない、クジラは80歳〜120歳まで
生きるとされ、しかも死ぬまで子供を産み、生殖能力に老化がありません。
このような驚きの鯨のパワーの秘密は、鯨が大量に持つ「バレニン」というアミノ酸物質
であると解明されました(特にバレニンが多いのは赤肉系)

尾の身/鹿の子/脂すのこ/は三大高級部位のひとつ、お刺身は絶品です。
鹿の子(かのこ)と同様、ハリハリ鍋やすき焼きによく使われます。


■送料について詳しくは→http://date.kuronekoyamato.co.jp/date/Main?LINK=CT
■クール代について詳しくは→http://www.kuronekoyamato.co.jp/cool/cool.html
■代引き手数料について詳しくは→http://www.yamatofinancial.jp/service/co_3.html