【プロフィール】有山じゅんじ/1953年、大阪生まれ

有山じゅんじ氏公式ホームページはこちら
1960年代に多感な10代をすごし、12才からギターを持ち始める。1968年「五つの赤い風船」に参加。1973
年「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」を結成、1975年日本のロック史に残る正真正銘の傑作『ぼちぼちいこか』
『この熱い魂を伝えたいんや』を発表、一躍全国にその名をとどろかす。1976年の解散と同時にソロ活動を開始。
ラグタイムブルースをベースにしたセンスフルなフィンガー・ピッキングとスウィートな歌声で、アコースティック・
ギター弾き語りの確固たるオリジナルスタイルを確立しながら全国でライブ活動を展開。その確かなセンスと技術に
裏打ちされた有山の音楽は、粋で軽妙。それは博物館に陳列された類いのものではなく、この国の音楽の行き着いた
一つの洗練であり、最もスタイリッシュで極上なエンターテイメント。未だ着実なファン・ベースを築きながら、
同世代から若い世代まで数多くのミュージシャンにリスベクトされ続けている。2008年8月31日〆ちゃんのデジカメ画像
▼クジラ料理で乾杯! ライヴ後の打ち上げ宴会
▼有山じゅんじさんと愉快な仲間たち
▼有山じゅんじさん(左)と〆ちゃんこと〆谷和弘です